カントン包茎の場合

一般的に、包茎というものは3つの種類に分けられることになります。
「仮性包茎」、「真性包茎」、「カントン包茎」、の3種類となってきます。
簡単に説明しますと、「仮性包茎」は亀頭が通常時から包皮に覆われていますが、手を使えば剥けるといった状態の包茎をいいます。
それに対して「真性包茎」は、もちろん通常時から亀頭は包皮に覆われていますが、手を使っても包皮を剥くことができない状態のことを指すのです。
そこで、この「カントン包茎」というのは「仮性包茎」と「真性包茎」の中間に位置づけられています。
この「カントン包茎」は、場合によっては亀頭がうっ血し壊死してしまう場合がありますので、やはり手術が必要だといわれているのです。
そもそも、「真性包茎」は包皮の先端である包皮口が非常に狭く、非勃起時であっても包皮口を亀頭が通ることができません。
ですから、亀頭が露出することが一切なく、性行為をしても快感を得るのが難しかったり、亀頭と包皮の間に細菌が繁殖して不潔になったり、さらには亀頭と包皮が癒着してしまったりなどのことがあるのです。
そのため、「真性包茎」の場合は基本的に手術が必要で、手術には健康保険も適用になってくるのです。
それに対して「仮性包茎」は、性行為においても亀頭によって快感を感じることは可能で、また日常的に包皮をきちんと剥き洗浄することにより亀頭と包皮を清潔に保つことも可能になります。
ですので、「仮性包茎」は手術が絶対に必要だとまではいえず、手術をしても健康保険は適用にはならないのです。
そこで、「カントン包茎」の場合はまさに「真性包茎」と「仮性包茎」の中間で、包皮口は十分とはいえないまでも「真性包茎」に比べれば広く、非勃起時には手で剥いて亀頭を露出させることが可能です。
ところが、包皮口の広さが充分でないために亀頭を露出したまま勃起してしまうと、包皮口が亀頭を通らなくなり包皮が戻らなくなってしまう恐れがあります。
重度の場合には包皮口が亀頭の下を締め付けることになり、血流が悪化して亀頭が腫れ上がったり、さらにはうっ血した亀頭が壊死したりすることもあるのです。
「カントン包茎」も、それほど重度なものでない場合には手術は必ずしも必要ではない場合があります。
しかし、重度の場合には亀頭が壊死するリスクがあることになりますから、手術をする必要があるといえるのです。
そこで、「カントン包茎」を手術するには「真性包茎」と同様、健康保険が適用となります。